湘南の風・空・海・花&生活

湘南・茅ヶ崎に在住しています。年に数回全国を車で放浪撮影しています。被写体は五感で感じたものをそっと撮るだけで計画性はありません。
MENU
三浦半島の風景

海の表情

海の表情
海の写真撮りでやめれないのが「海の表情」の変化かもしれない
もちろん普通の時間の流れなのですが、簡単にドラマ仕立てができるからすごいと感じてしまう
これが山間の風景だと組み写真でも難しい
山は海と違ってゆっくり変化するからでしょうか・・・・



さあ仕事だ!
uideK02 (1)



朝 日
uideK02 (2)




uideK02 (3)



電 線
uideK02 (4)



昆布漁
uideK02 (5)



写 真
今の私の課題は、早朝の街の表情を撮りたいと思いながら出かけています。
思っている街に着いてもすぐにカメラを構えられない
どうもイメージが違うからです
さてどうしたものかと思案中(笑)

あまりにもイメージを膨らませ過ぎたこともありますね
少しセーブして考えてみます。
海や山と違い自然の変化を撮るのでないだけに構成がしっかりしないと無理ですねぇ
単に街の風景では何か一つ足りない
その一つとは人、動物それとも風なのかなぁと
できれば作り物(演出)ではなく表現したいと。



スポンサーサイト
三浦半島の風景

三浦半島 荒磯公園

三浦半島 荒磯公園
三浦半島に出かけると磯の波はここ荒磯公園で撮りますが、
荒れる天気に出くわせば最高ですが・・・
穏やかな日は全く穏やかです(笑)

撮りたい場所は朝は逆光になるので撮れません
できれば夕方近くがいいのですが、私のスケジュールは
朝が早いもので、夕方まで時間が持ちません(笑)
どうして朝が早いかと言えば
国道134号線が混むからなんです。(江ノ島~鎌倉間)

でもまだまだ撮ってないところもあるので頑張ってみます(笑)


漁港のシンボル?
araisoK795 (1)



漁師はこうでなくては
araisoK795 (2)



荒磯公園 展望台(正面の丘)
ここから見る夕日も富士山も最高にいいところ
相模湾を見渡せるのはここだけかもしれないなぁ

araisoK795 (3)



araisoK795 (4)



海はとにかく気持ちいい
遠く江の島。富士山は雲で見えなくなってしまった

araisoK795 (5)



今日は午前中天気が良くないそうなので出かけないでいます
小さな貝殻を拾ってきたのでマクロレンズで深度合成モードで撮ってみます。
貝だけでなく他の小物も探し出して撮るかなぁ~

京都行を予定しているのですが、京の路地シンポジウムが12日・日曜日
金曜か土曜日から出かけないといけないのですが、一つ予定が決まってない
さてどうするかなぁ~
これだけはクライアント次第なので私の我儘は言えません(笑)
だめならだめで、春の行楽シーズンをずらして京の路地裏撮影に行きます。
天気が何とか持つ今のシーズンが一番いいのですがね。

カメラもレンズもモノクロに対応できるから思うようなモノクロ写真が撮れそうなんですよね
京都路地裏&大阪鶴橋の市場
ついでに環状線電車&京阪電車をホーム端から狙って
関西らしい写真を早く撮りたいものです。









三浦半島の風景

磯の生物


三浦半島の佐島町に小さな島があります
小さな橋が架かっていますが島です(笑)
その名は天神島
臨海自然教育園になっているので月曜日がお休み(役所)
春に入ったので磯のヤドカリさんたちも活発に動き始めましたが
まだカニさんは出てきていません。
もう少し先ですね。

レンズを変えてからローアングルの雰囲気が良くなったし
空の色と白い雲の表現が思ったようになって嬉しいですね。
夏が楽しみになってきました。




isoKHT25 (1)



isoKHT25 (2)



isoKHT25 (3)



isoKHT25 (4)



これから羽田空港に向かいます
妹が上京するので久しぶりにランチですね
雨も午前中だけなので築地と銀座をぶらぶら歩くのもいいかも
ランチは銀座のホテルでバイキングで済ませればOKです(笑)
昼時ですからどこも混むから手短に済ませるのも大切(笑)
夜でしたらお酒も食べるのも楽しめるのですが
私はお昼だけのお付き合いです。

羽田空港に行くのですから、羽田空港を撮ってきます
もちろん飛行機もですが、レンズが短いのでそれなりの
できれば設備など面白いものを探してきます。



三浦半島の風景

横須賀市 観音崎公園

横須賀市 観音崎公園
昔も国を守るためにいろんな設備に従事された方たちがいます。
観音崎には会津藩士のお墓もあるようです。

灯台に向かう左手にも「寂光土」と書かれた看板案内があり、その下には無縁仏の石仏が
ありますが、詳しい内容は書かれていません。
この地で何をしていたのか、想像だけでは具現化できない環境なのです。

灯台に向かう山道の入口には小さな砂浜があり海藻が沢山打ち上げられています。
むむむ、干せばところてんですね(笑)

灯台は後で登ることにして少し先に進むと、防衛相の敷地となり金網で入れません
道を通れば小さなトンネルを抜けることで自然博物館に向かうことができます。

観音崎は「砲台跡」が残っているから要塞の拠点だったようですね。
広大な敷地が公園ですので一日で回ることはできないかもしれません
まっ目的にあった遊び方でOKでしょうが。
いい所です。


寂光土(無縁仏)
kannonZS01 (1)



小さな砂浜
kannonZS01 (2)



東京湾海上交通センター
kannonZS01 (3)



金網に仕切られて
kannonZS01 (4)



観音崎灯台(有料)
kannonZS01 (5)



今日は天気も不安定ですので部屋で静かに過ごすことにします。



三浦半島の風景

浦賀水道の船

浦賀水道の船
三浦半島からの景色は、船の往来が激しい東京湾
片や広々とした相模湾
極端に環境が違う景色を見ることができるのも三浦半島です。

東京湾の入口付近を浦賀水道と呼ばれますが、貨物船や自衛艦、漁船と
ありとあらゆる船を見ることもできて飽きないところですね
自衛艦マニアの方にとっては超望遠を設置して楽しまれる場所でもあるようです
船も撮り方によって楽しい表情を見ることができるのでしょうね
私はもっぱら小さな漁船ばかり撮影しているので大きな船はどうしたらいいやら・・・(笑)

観音崎の風景は明日あたりアップします。



第二海堡
いろいろ入れてみました。 第二海堡・飛行機・海ほたる・そしてフェリー
kanF002 (1)



kanF002 (2)



東京湾を出て長い航海に向かう船
kanF002 (3)



どちらも高速
kanF002 (4)



漁 船
kanF002 (5)



対岸の房総半島が右逆光気味でしたが何とか見ることができますね(笑)
三浦半島の冬の撮影はあまり適さないのですよね
太陽が水平線の方に傾いているため相模湾はほぼ逆光
空気が澄んでいる冬が風景撮影には最高なのに・・・・(笑)

久里浜港に着いたときは、そのままファリーに乗って対岸の房総半島に
行こうかと思ってしまいました(笑)
実際、乗れば良かったのですが・・・・
またこれで機会を逃してしまったかもしれません~
が、必ず行くようにしたいと思っています。





このカテゴリーに該当する記事はありません。