FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 秋の海  2018/10/22 (Mon)
秋の海

都会の人の波もいい
だけどやっぱり海の波がいい
秋の海
どこか変化があるのだろうが私には感じないが
きらめきがひょっとしたら違うかも
日差しが優しくなったからかなぁ

少し左に傾く水平線
これ地球が丸いから仕方ないない
だから水平線にならないなぁ(笑)
だから敢えて修正していません。



シーカヤック
chGddes01 (1)



先端と渚
chGddes01 (2)



台風の片付け
chGddes01 (3)



釣り人
chGddes01 (4)



清掃開始
chGddes01 (5)



スポンサーサイト
 富士山  2018/10/21 (Sun)
富士山

冠雪の富士山
久しく見えなかったらこんな姿になっていました。
散歩しながら撮っているので少し左より
いい場所に行かなかったのでこんなものですが
これから天気がいいといつも見れるので焦りません(笑)
でも今の雰囲気がいい感じですね
真冬の全て白よりは私は好きです。



fujisan1021 (4)



fujisan1021 (1)



fujisan1021 (2)



fujisan1021 (3)


一日中天気は良かったので
富士山の夕日も綺麗かもしれませんね
帰ってから自転車のメンテをしたのでもう出かけません(笑)
前輪の動きもベスト
後輪のタイヤが減ってしまってるのでamanonで注文して購入しました
ちょっと早すぎるのでは1年じゃぁ(笑)
少し硬いタイヤはないものかと
でもそんな表示はしてません(笑)
適当に。




 伊豆 熱海温泉Ⅱ  2018/10/21 (Sun)
伊豆 熱海温泉Ⅱ

熱海温泉は山の頂上に向けて温泉宿や家が建っている
平地がない
まるで長崎を凝縮しているような街です
まだ長崎の方が平地があるかも

真下に降りると海に出てしまうので横歩きをして
昭和の雰囲気を探します
まっ初めてのところとなるとなかなか思うようにはなりません
それだけに面白い出会いもあるから嬉しいですね



商店街の路地
atamill5 (1)



温 泉
atamill5 (2)



階段と街灯
atamill5 (3)



お地蔵様
atamill5 (4)



Y路地
atamill5 (5)



街歩きにはコンテジがいるよね
熱海の街を歩きながら思ったことなのですが
望遠から19mmに変える手間よりすぐに出して撮れるコンテジがいい
いつもは持ってくるのにこの日に関しては予定外の熱海撮影だったので(笑)

箱根ライブカメラで芦ノ湖を見たら富士山が白い化粧をして綺麗でした
今日は日曜日なので混むでしょうね(笑)
これからは三浦半島からの富士山、茅ヶ崎の海からの富士山、そして芦ノ湖
やっぱり秋から冬が面白いよね風景撮影は
今年こそ新しい風景撮影に挑戦ですね。






 団地のブルース  2018/10/21 (Sun)
団地のブルース

もうすぐ1年が立つかもしれない
建て替えが進む団地を撮り始めてからの話
大きな変化がないようでいながらも大きく変化している
昭和の象徴はやはりこの団地だろう
今は住む人も少なくなって建て替えを待ってるが
新しい部屋は昔のように家賃は安くはない

四季折々を残しているがいつかまとめて残せるのだろうかと
それとも私の頭の中で焼き付けておくだけかも




danGGp01 (1)



止まれ
danGGp01 (2)



右と左
danGGp01 (3)



秋空
danGGp01 (4)




danGGp01 (5)



自転車のメンテナンス
昨日は自転車のメンテナンスをしてみた
前輪のスポークがイマイチ緩んでいるようで2回目の締め付けと
ついでにハブのグリスアップをして終了
もう一つはチエーンのオイル
薄く引いてウエスで綺麗にふき取る

車はピカピカにするのに、毎日乗る自転車は錆びだらけでガラガラチェーン
悲しくなってなってしまいますよね
毎日の足は綺麗にしてあげないと
ときどきしか使わない車はほっておいても大丈夫(笑)

さてと
今日は撮りたいものがあるので、お供はPEN-Fを担いで出かけます

あっそうだ
富士山が雪をかぶっているようなんですが天気が悪くて見れない
早く見たいものです白い富士山






 少女  2018/10/20 (Sat)




2018/10/19 茅ヶ崎の海岸
umi47.jpg

少女は
たくさんの海を持っています

たとえば
眼の中に 暮れなずむ水平線を

たとえば
髪の毛の中に 揺れやまぬ波を

たとえば
尖(とが)った肩に 貝殻のにおいを

たとえば
耳の中に 遠い潮騒を

そして やがて訪れるはずの
月ごとの満ち潮と引き潮を

川崎洋の詩集 「ほほえみ には ほほえみ」 より







Template by :FRAZ